コンテンツクリエイティブとは

クリエイティブのベースにあるのは、コンテンツを通して価値観の変化を生み、行動を促すこと。

コンテンツクリエイティブの考え方

クリエイティブのベースにあるのは、コンテンツを通して価値観を変化させることです。そして行動を促すことです。文章でも写真でも音声配信でも同様です。

わかりやすいので文章で話をすすめます。文章を読む前と読んだ後で価値観に変化が起きている。まずそこを最重要視してコンテンツをクリエイティブしています。

価値観の変化とは?

知らなかったことを知る。それも価値観の変化の1つ。Aだと思ってたことがBだったと気付く。それも価値観の変化です。嫌いなものだったけど好きになった。逆に、好きだったのにそうではなくなった。というのもありでしょう。

コンテンツというフィルターを通して価値観の変化を生む。

そこで終わりではありません。フィルターを通過した読者が行動を起こす。そこまでがコンテンツクリエイティブの基本です。アクションにつながらなければクリエイティブの成功とは思えません

そうなるためにも、まず重要なことは何か?

それは完読。完視。完聴。(以後まとめて完読とします)はじめから終わりまでコンテンツのフィルターを通り抜けていただかなければいけません。

そのための工夫が必要です。まず、著名作家でない限りWeb上の世界で2000文字を超える文章の完読は難しいと考えています。

Twitterやnoteのつぶやきは140文字以内です。140文字で価値観の変化を起こせることができれば140文字で良いのです。

ただし短文で価値観の変化を引き起こすのは簡単ではありません。そこで、800文字から1600文字を基本としています。

書き下ろしは受けておりません。
ご依頼のテーマをいただいたらnoteに投稿します。そちらを転載していただくという方式をとっています。

完読を達成するために必要なことは他にもあります。コンテンツとの出会いのきっかけとなる見出し画像、リード、本文の入り方、構成などなど。