気軽に始められる。書くことに困らない。いま一押しのメディア。

note.mu というのはブログとSNSの良いところを合わせたようなメディアです。気づいたことをどんどん記録していく。ノートにメモするような軽い気分で書いていくことができるWebメディアです。もちろんスマホでも見やすいですし、スマホからの投稿も簡単です。

note.mu の記事タイトルで使われた私の写真が150記事を達成! note.mu というのはブログとSNSの良いところを合わせたようなメディアです。 気づいたことをどんどん記録していく。 ノートにメモするような軽い気分で書いていくことができるWebメディアです。 もちろんスマホでも見やすいですし、スマホからの投稿も簡単です。 ブログを書くときにタイトル画像で困るという人も安心です。 他の誰かが共有した画像をnoteの記事タイトルで使える仕組みがあるのです。 「みんなのフォトギャラリー」といいます。 みんなのフォトギャラリーに共有した画像を、他の誰かが記事のタイトルで使用すると、 aoneko タイトル画像の右下に画像提供者のアカウント名が掲載されます。 私は「aoneko」というアカウント名で note を書いています。 リンクも貼られているので、そこから訪れてくれるユーザーさんもいるわけです。 ちょっとした宣伝になります。 note で利用されやすい画像の特徴について以前書いてます。 https://hatamoto.biz/photos-that-are-easily-adopted-in-the-heading-image/ これは50の記事に利用された時点の記事でした。 それから約3ヶ月でどうなったかといいますと、冒頭にあるように150記事を達成しました。 ありがとうございます。 これからも、日常使いしやすい画像を共有していきたいと思っています。 みんなのフォトギャラリーで[aoneko]と検索していただくと見つけやすいです。 これまで私の画像を使って書いてくれた記事をまとめています。  みんなのフォトギャラリー (β)|ひつじさん|note 有料記事は、このマガジンに入らないので省かれています。 この note.mu というサービス。 ホントに気軽に始めることができます。 書く内容に困ることなく続けることができます。 はじめてみません?  ひつじさん|note]]>

私に写真ブログって難しいですか?

ブログシステムの選択 [st-kaiwa5]ワードプレスってエスシーオー的にオススメということを聞いたのですが、なんだか難しそうですよね。アメブロとかの無料ブログの方が良いのでしょうか?[/st-kaiwa5] [st-kaiwa4]エスシーオーではなくエスイーオー[SEO]の事ですね。[/st-kaiwa4] [st-kaiwa5]あはは、ホントはよく知らないんです。[/st-kaiwa5] [st-kaiwa4]SEO の話は別の機会にすることにしましょう。ブログはアメブロでもはてなブログでもライブドアブログでもワードプレスでもなんでもかまわないですよ。ブログで1番難しいことは続けることなんです。[/st-kaiwa4] [st-kaiwa6]続けること…[/st-kaiwa6] [st-kaiwa4]そう!だから書き続ける事が苦にならないブログシステムを選ぶことです。[/st-kaiwa4] [st-kaiwa5]なるほど!でも先生、私ね、独自ドメインで写真ブログをやってみたいんですよ。なんだか自分だけの場所って感じで格好良くないですか?独自ドメインの料金って高いですか?[/st-kaiwa5] [st-kaiwa4]独自ドメインの種類にもよります。日本ドメインの jp で年間3,000円程度ですよ。1番よく使われている com なら年間1,000円弱程度。場合によっては年間100円程度の時があります。[/st-kaiwa4] [st-kaiwa6]安っ!!!!年間ですか?私も独自ドメイン欲しい。[/st-kaiwa6] [st-kaiwa5]独自ドメインだけ持っていてもブログは運営できないのよ![/st-kaiwa5] [st-kaiwa6]…[/st-kaiwa6]

レンタルサーバーの選択

[st-kaiwa4]ブログの置き場所。サーバーが必要になります。レンタルサーバーを借りて独自ドメインを設定します。レンタルサーバーのサービス会社もいろいろありますが、操作パネルが分かりやすく使いやすいサービスが良いですね。[/st-kaiwa4] [st-kaiwa5]先生のオススメはありますか?[/st-kaiwa5] [st-kaiwa4]いま使っているエックスサーバーというサービス会社はとても使いやすいですよ。ブログ運営に欠かせない機能も他よりも早く取り入れてくれるので助かってますよ。[/st-kaiwa4] [st-kaiwa6]困ったときに助けてもらえそうなので先生と同じにします。[/st-kaiwa6] [st-kaiwa5]里奈さんもブログはじめるの?[/st-kaiwa5] [st-kaiwa4]簡単か難しいかという話よりも、困ったときに教えてくれる人が自分の身近にいるかどうかが、サービスを選ぶ際に1番重要なポイントだと思いますよ。[/st-kaiwa4] [st-kaiwa6]先生!先日、旅行土産で友人からお菓子を頂いたのでブログ書きたいんですけど、いつできますか?ブログ。[/st-kaiwa6] [st-kaiwa4]お急ぎのようですね😅 場合によりますけど、独自ドメイン取得からブログの公開まで半日もかかりませんよ。[/st-kaiwa4] [st-kaiwa5]えっ!そんなに早くできるんですか?[/st-kaiwa5]

ブログ公開までのプロセス

  1. 独自ドメイン取得
  2. レンタルサーバー契約
  3. サーバーに独自ドメイン設定
  4. ブログシステム ワードプレスの自動インストール
  5. ワードプレスの設定
  6. 公開
[st-kaiwa4]プロセスはこんな感じです。1〜6まで難しい作業はありませんよ。作業だけなら1時間程度で完成します。時間がかかるのは独自ドメインが有効になるのを待つ時間です。[/st-kaiwa4] [st_af id=”26880″]]]>

Adobe Lightroom から直接 WordPress ブログに写真の書き出しするプラグイン。

WordPressブログの写真管理をAdobe Lightroom でしているかたに便利なプラグインが公開されました。インストールから基本的な使い方まで解説しました。

Lightroom から WordPressブログに直接書き出しできるプラグイン クリエイティブな写真編集の最強ツールといえば Adobe Photoshop Lightroom。Lightroom は Facebook や Flickr、そして最近ではストックフォト写真販売サービス Adobe Stock にも直接書き出しができるようになっています。 そして本日ご紹介したいのが Lightroom to WordPress.com プラグイン です。 WordPress で写真ブログを運営し、写真の編集管理を Adobe Lightroom で作業しているのであればとても便利なプラグインになるでしょう。 Lightroom から直接 WordPressブログに書き出しができるプラグインです。  Lightroom to WordPress.com プラグイン ダウンロードページ 写真を記事として投稿するのではなく、写真をWordPress のメディアに直接アップロードするためのプラグインです。WordPressブログ用写真管理プラグインと考えると理解しやすいでしょう。 ブログで使いたい写真を Lightroom からアップロードしておいて、新規投稿するときに使うという利用方法がメインになりますが、WordPressのメディアギャラリー用に複数枚まとめてアップするのにも便利ではないでしょうか。 フォトブロガーとしては、ブログ用の写真を Lightroom で管理できるのはとても助かります。

独自ドメインで運営している WordPress ブログでも JetPackプラグインを使って WordPress.com で連携していれば使用することができます。もし、JetPackプラグインを使っていなければ新たに JetPackプラグインをインストールして、WordPress.com のアカウントを登録して連携する必要があります。
[st-kaiwa1]JetPack はいろいろ便利な機能が使えるプラグインなので登録しておくことをオススメします。[/st-kaiwa1] 書き出しのときの ファイルの名前、ファイルの圧縮率、画像サイズ調整、メタデータ削除なども公開マネージャーテンプレートに設定しておくことが可能です。Lightroom内の写真にタイトルや説明が記載されている場合はそれらも引き継いでくれるので嬉しいですね。タイトルは画像のタイトル、説明はキャプションとして設定されます。 また、ブログの写真として使用するときに助かるのはコピーライト表示を自動で画像に記載してくれることです。コピーライト表示の表記文字、サイズ、影、色、透過率、位置など細かく設定できます。コピーライト表示スタイルは何種類か作成しておくことも可能です。 [st-kaiwa1]コピーライト表示あり、表示無しとかいくつか設定しておくと使いやすそうです。[/st-kaiwa1]

Lightroom to WordPress プラグインのインストール方法

まずはプラグインのダウンロード。ダウンロード後ZIPファイルを解凍してください。そして Lightroom のファイルメニューから「プラグインマネージャー」を開く。 プラグインマネージャーの「追加」ボタンをクリック。 先ほど解凍した Lightroom to WordPress プラグイン を登録すると完了です。

Lightroom to WordPress プラグインの使い方

書き出し設定

WordPress に書き出しするための設定が必要です。Adobe Stock や Flickr 、 Facebook に書き出しをしたことがあれば難しくはないです。 書き出ししたい写真を選択して「書き出し」を開く。 上の「書き出し先」から「WordPress.com」を選択。左下の「追加」ボタンをクリック。そしてプリセット名を記入して新しいプリセットを作成する。 運営している WordPressブログにログインする。 WordPress.com のアカウントにログインして接続する。 WordPress.com で複数のブログを運営している場合は、Lightroom と連携したいブログを選択します。 あとは、各項目を設定しておくと良いでしょう。設定を変更したら、プリセットメニューの「WordPress」を右クリックして設定を更新を忘れないようにしましょう。 Lightroom から直接書き出した写真はこちらです。 [caption id="attachment_19213" align="aligncenter" width="1290"] ボールで水に浮かぶイチゴ[/caption] 指定したサイズ、圧縮率、ファイル名でアップロードされています。説明に記入していたテキストがキャプションとして入っています。コピーライト表記も指定通り画像に追加されています。

まとめ

[st-kaiwa1]本日(2017年1月16日)から利用可能になった Lightroom to WordPress プラグインのダウンロード、インストールから基本的な使い方までを解説しました。とにかく、写真ブログを運営しているのであれば Lightroom は欠かせないツールです。オススメなのは いつでも Photoshop と Lightroom の最新版が使える「Adobe Creative Cloud フォトプラン」です。 只今、アマゾンなら12ヶ月間利用できるお得なオンラインコードが販売されています。まずは1年試してみたいという人にはよいですね。[/st-kaiwa1]]]>

ハンドメイド作家のブログに独自ドメインは必要なのか?

ハンドメイドの販売をする上で集客できるブログを持っているかどうかは販売の売上に大きく影響します。ブログを運営するだけならアメーバブログなど無料ブログでいつでもすぐに始めることができます。でも「集客できるブログ」となるとどうでしょうか?ハンドメイド作家ブログの独自ドメイン必要性について書きました。

集客できるブログを持っているかどうかは販売の売上に大きく影響します。ブログを運営するだけならアメーバブログなど無料ブログでいつでもすぐに始めることができます。でも「集客できるブログ」となるとどうでしょうか?

独自ドメインは必要なのか?

ブログ運営を始める場合、ブログのアドレス(URL)が必要になります。「http://」や「https://」から始まる文字列です。これが決まらなければ何も始まりません。アメーバブログなど多くの無料ブログサービスでは、指定のアドレス(URL)に個人を表す文字列を追加する形でブログのアドレス(URL)が決まることになります。 また、完全に固有のアドレス(URL)でブログを運営する方法もあります。そのアドレス(URL)が独自ドメインです。当ブログの独自ドメインは「hatamoto.biz」です。

ハンドメイド作家のブログに独自ドメインは必要なのか?

その答えは、集客の方法によります。「書く内容、書き続ける事ができる内容」で選択肢が変わってくると言っても良いかもしれません。ブログ集客の方法は検索上位表示だけではありません。ソーシャルメディアからの流入も大切です。 何をきっかけにブログに訪問してくれるのか? 1:検索で上位表示されて訪問する。 2:ソーシャルメディアで更新のお知らせが来て訪問する。 3:ソーシャルメディアで話題になってるのを見て訪問する。 4:テレビなどマスメディアで知り調べて訪問する。 5:メールマガジンから訪問する。 いろんなきっかけがあります。 その中で独自ドメインの影響が大きいと言えるのは始めに書いた「検索で上位表示されて訪問する」です。但し無料ブログの指定されたアドレス(URL)でも上位表示される可能性はあります。 だとすると、本当に独自ドメインのブログは必要なのでしょうか? 最近は、無料ブログでも独自ドメインを設定できるサービスが増えています。たとえばライブドアブログ、FC2ブログ、Seesaa ブログ、忍者ブログ、Blogger、Tumblr、Ameba Ownd(アメーバ オウンド)など。はてなブログは有料のプロ版にすることで独自ドメインを設定することができます。 実は、独自ドメインが設定可能だからといって検索上位表示に有利ということでもありません。検索上位表示のための施策が可能かどうかが重要です。設定できるだけではあまり意味がありません。 さらに、サーバーを借りてワードプレス(WordPress)などのブログシステムをインストールして独自ドメインで運営したからといって検索上位表示に有利ということでもありません。検索上位表示のためのノウハウを持っていなければ施策ができないからです。 もし、検索上位表示のためのノウハウを持っていたらどうでしょう? そのための記事を書くことができなければ意味は無いでしょう。そもそも記事を書く時間が足りないという場合が多くはありませんか? ハンドメイド作家のブログに独自ドメインは必要なのか? 検索上位表示のノウハウを知っている、もしくは研究を惜しまないハンドメイド作家さん。そして検索上位表示の重要性が理解でき書き続けるという覚悟を決めたハンドメイド作家さんであれば独自ドメインで運営するべきです。 必要性を感じないのであれば独自ドメインで運用する意味はあまり無いのではないでしょうか。

検索上位表示によるブログ集客の重要性

ブログへの訪問のきっかけは先ほど例をあげました。もう一度書いておきます。 1:検索で上位表示されて訪問する。 2:ソーシャルメディアで更新のお知らせが来て訪問する。 3:ソーシャルメディアで話題になってるのを見て訪問する。 4:テレビなどマスメディアで知り調べて訪問する。 5:メールマガジンから訪問する。 いろんなきっかけでブログに訪れるわけですが、検索上位表示によるブログ集客がなぜ重要なのかをしっかりと理解できていますでしょうか? 大きく違うのは、検索上位表示によるブログ集客は、継続的に訪問者を流入させることができるというところです。検索以外のものは一過性、一時的な流入増で終わってしまうことがほとんどです。 たとえば、毎日100人が検索サイトから訪れる記事を1つ書けたとします。すると毎日何もしなくても100人が検索で訪れます。その記事の中に伝えたいメッセージを入れておけば、毎日100枚チラシを配ることと同様の情報配信が可能になります。毎日100枚のチラシを配るなんて予算は普通はありませんよね。それと同様なことが検索上位表示した記事1つでできてしまうのです。 そのような記事が10個あれば、毎日1000人です。月にすると約30000人です。毎月3万人の人にメッセージを伝える方法なんて他に考えられるでしょうか? そして検索サイトで訪れた訪問者は、その記事の内容に関心が高いということも重要です。能動的に調べて来ているのです。あなたが書いた記事に関することで困っていたり、悩んでいたり、新しい方法を探していたりするのです。 そういった関心の高い訪問客に上手く商品に繋がる情報を提供できると良いですね。 [st_af id=”26880″]

早い者勝ち!ブログにピッタリなドメインが登場!

これからブログを独自ドメインで始めてみたい! そんなあなたに朗報。ブログ運営にピッタリなドメイン「.blog」の一般登録受付が始まりました。 「.blog」ドメイン 取得は先願制。つまり早い者勝ちです。 yourbrandname.blog というようなあなたのブランド専用ブログドメインを獲得できるチャンスです。 一般登録が始まった今なら開始記念ということで 2,780円(1年間) で取得可能です。(通常は2,980円/年) ドメインは覚えやすさが大切です。これまで「.com」ドメインでお好みのものが空いてなかった場合も、募集開始直後の「.blog」ドメインであれば取得できる可能性があります。早い者勝ちです。空きがあるかどうかチェックだけでもしてみてはいかがですか?  ブログに最適「.blog」ドメインの取得ならお名前.com|ドメインをチェックしてみる! ハンドメイド販売サイトに適した「.shop」の登録も早い者勝ち。

「お名前.com」の特徴

1999年4月21日にアジア圏初のドメイン名登録機関(レジストラ)に認定され、累積登録件数1,400万件を超える国内最大級のドメイン公式登録サービスです。「.com」「.net」「.info」など、全部で510種類以上のTLDを取り扱っています。
[st_af id=”26880″]]]>

WordPress ブログから Medium に移行する方法。エクスポート→インポート手順。

WordPress から記事をエクスポートして Medium に新しいパブリケーションを作成し、記事をインポートするところまで書きました。

移行の手順

WordPress からすべてのコンテンツをエクスポート

WordPress から全てのコンテンツをエクスポート WordPress の管理画面[ツール]に[エクスポート]というのがあります。「すべてのコンテンツ」を選択して[エクスポートファイルをダウンロード]をクリックするとエクスポートファイルをダウンロードすることができます。

Medium で新しいパブリケーションを作成

既に Medium にアカウント登録している前提で話を進めます。 WordPress から移行する予定のパブリケーションを新しく作成します。 パブリケーションページを開いてください。[Publications]と書かれています。 パブリケーションページを開く [New Publication]をクリックして新しいパブリケーション作成ページを開く。 新しくパブリケーションを作成する パブリケーション作成 その1 上から3つの項目「Name」「Description」「Publication avatar」が必須項目です。その他の項目は後からでもかまいません。 [st-step step_no=”1″]Name(必須)[/st-step] [Name]はパブリケーションの名前です。サイト名、ブログ名のようなイメージで考えていただければ良いのですが、この[Name]の文字がURLの一部になるので日本語ではなく英数字を使うことをおすすめします。 あとで独自ドメインの設定をするので関係ないかもしれませんが念のため英数字で記入します。 title にもなるので最後にキーワードを含めたわかりやすいタイトルに変更します。 [st-step step_no=”2″]Description(必須)[/st-step] meta タグの Description で使われるようです。検索結果にも表示されるので、SEO(検索エンジン対策)、検索ユーザーを意識してキーワードを含めクリックしたくなるような説明を記入します。 [st-step step_no=”3″]Publication avatar(必須)[/st-step] パブリケーションのアイコンです。60ピクセル×60ピクセル以上のサイズのアイコン画像を登録します。 [st-step step_no=”4″]Publication logo[/st-step] パブリケーション上部に表示されるロゴです。 横幅の最大は 600 ピクセル、高さは 72 ピクセルを推奨しているようです。 後から設定しても良いです。 [st-step step_no=”5″]Contact info[/st-step] パブリケーションのトップに掲載されるコンタクトリンクです。 メールアドレス、Twitter アカウント、Facebook アカウントのリンクを表示することができます。 読者との接点としてリンクを貼っておきたければ記入しましょう。 [st-step step_no=”6″]Tags[/st-step] Medium の検索ユーザーがあなたのパブリケーションを見つけるためのキーワードです。5つまで登録できます。 記入できたら[Next]をクリック。 レイアウトを決める ここで、パブリケーションホームのレイアウトを決定します。 [st-step step_no=”1″]Homepage layout[/st-step] タイトルのサイズや表示形式を設定できます。タイトルの背景に画像を指定することもできます。 [st-step step_no=”2″]タイトルとサブタイトルを記入します。[/st-step] [st-step step_no=”3″]記事の表示形式を設定します。[/st-step] 後から変更可能なのでいろいろ試してみましょう。セクションの追加も可能です。 最後に[Create]します。 始めに記入した[Name]が既に使われていると「使用不可」といわれて進めません。[Name]に記入したときに判定して欲しい所ですが、前のページに戻って別の[Name]に変えて再び[Create]。 パブリケーションの設定ページを開いて[Name]を変更しておきましょう。 title にもなるのでキーワードを含めたわかりやすいタイトルに変更します。 これでパブリケーションの作成まで完了。 続いて、そのパブリケーションに WordPress からエクスポートしたファイルを読み込みます。

Medium にエクスポートファイルを読み込む

パブリケーション設定ページの右の方に[Advanced]というのがあります。 そこに[Migrate stories into this Publication]があります。 そこから WordPress の記事をインポートします。 まちがって[Delete Publication]を選ばないように気をつけてくださいね。 マイグレート 続いて[start migration process] Start migration prosess [Upload Archive]で WordPress からエクスポートしたファイルを読み込む。 しばらく読み込み作業の後、読み込んだ記事のリストが表示されます。不要な記事はここで削除も可能です。ちなみに投稿日時は、WordPress の投稿日時が引き継がれて変更はできません。 インポート記事リスト 問題なければ、そのままパブリッシュします。 パブリッシュが完了したら、記事を確認してみましょう。 おかしな箇所が見つかるかもしれません。 ひとつひとつ確認して修正していきましょう。 今回、ハンドメイド作家ブランディングという WordPress ブログから移行しました。 記事数が28だけだったので、すぐに修正が終わります。 もし、もっとたくさんの記事があるのであれば確認作業も大変です。 そんな場合は CreativeLifeHach のように、新規のドメインもしくわサブドメインで新しく始めた方がよいでしょう。 パブリケーションは、独自ドメインを設定しない運営も可能です。 作成したパブリケーションに独自ドメインを設定する方法は別の記事で書きます。  Medium に独自ドメイン(サブドメイン)を設定する方法|エックスサーバー編]]>

あなたが書きたかった場所は本当にブログメディアだったのだろうか?

【WordPress ブログの運営に苦しんでいる方へ】伝えたい事が思い浮かんだときに、さらっと書いてしまいたい。そして読者の反応を見てみたい。文章のどこに興味が持たれたのかを知りたい。それを可能にする新しいオンラインメディア「Medium」をご紹介します。

WordPress ブログの運営に苦しんでいる方へ 伝えたい事が浮かんだけど、 WordPress で記事を書こうとしていたら、文字の大きさとか、広告とか、リンクとか、SEOとか、被リンクとかいろいろ考えてしまって、伝えたい事に集中できず結局書けてない… そんな経験は1度や2度では無いかもしれません。 ブログは読者やお客さまが求めている事を理解するために、今後も重要なのは確かです。 ただ、伝えたい事が思い浮かんだときに、さらっと書いてしまいたい。 そして読者の反応を見てみたい。 文章のどこに興味が持たれたのかを知りたい。 それを可能にする新しいオンラインメディア「Medium」をご紹介します。 先日、東京で2日間のセミナーゲスト講師として登壇しました。世界という大きな市場でハンドメイド作品を販売するマーケットプレイス EtsyJapan が主催するセミナー。 朝10時から夕方18時まで。初日、2日目の両日とも約40人のハンドメイド作家さんたちと、2日間合宿のようで楽しかったです。 その話は、また後日書くとします。 2日間 合計16時間のセミナーともなると準備や何やらで当日まで忙しくブログの更新もなかなかできなかったわけですが、やろうとしていたことを徐々に進めていこうと思います。 まず Medium という新しいオンラインメディアの研究。2012年8月にはスタートしていた Medium 。日本語チームも2015年1月に発足。それから1年10ヶ月。。。 まだあまり知名度はないですが、とても期待のできるオンラインメディアであることは間違いないと感じています。 最近 Medium にふれるようになって一番いいと思っていることは「文章を読みやすい」ということ。 多くのブログ記事は途中に広告が入ったり、サイドにいろんなものが貼ってあったり、読むことに集中できない。 SEO のためかもしれないけど、やたらと文章が長い。 もっと文章に集中してラクに読みたかったのかもしれない。 その点、Medium には読むことを邪魔する要素が少ない。というか無い。 ちょうど良い文章量で納めてくれている。 読むのが心地よいんですね。 ページビューを追いかけるのではなく、ちゃんと心地よく読んでもらってレスポンスを返してもらう。 Medium には、そういった文化が生まれるのではないかと期待しています。 レスポンス それが Medium の一番の特徴になる。 それを頭に置いておきましょう! 逆に、書くことに集中したい人も Medium を好きになるはずです。サーバーメンテも気にしなくていいですし、テンプレートに凝る必要もありません。HTML? そんな事考えなくていいんです。 Medium に書く場所は、個人アカウントとパブリケーションと2種類あります。パブリケーションがわかりにくいですけど、Facebook でいうところの 個人アカウント と Facebookページ のような関係と思っていただければよいです。 そのパブリケーションには独自ドメインが設定できるのです。独立した投稿メディアになるわけです。 イメージしにくいと思います。 1つパブリケーションを作成してみました。 Medium で「CreativeLifeHack」を検索して見てください。 このように、独自ドメインでメディアを運営することができます。 CreativeLifeHach は新しいドメインでスタートしましたが、既存の WordPress ブログの移行も可能です。 わたしは、このブログとは別に「ハンドメイド作家ブランディング」というブログを WordPress で運営していたのですが、そちらを Medium に移行しようと計画しています。

WordPress ブログから Medium に移行する方法

Medium には WordPress からエクスポートしたファイルを読み込むツールがあります。それを使うことで既存の WordPress 記事を移行します。

移行の手順

  1. WordPress からすべてのコンテンツをエクスポート
  2. Medium で新しいパブリケーションを作成
  3. Medium にエクスポートファイルを読み込む
  4. 作成したパブリケーションに独自ドメインを設定する
  5. パブリケーションを設定する
  6. 運営を始める
まず、 Medium を知らなければ何を書いてるのか分からないかもしれませんね。
おっ! Medium 良さそうだ! わたしも WordPress の構築やメンテナンスに苦労してたんだ! Medium に移行してしまおう!
さっそくそうお思った方に注意点です。 Medium は ブログ と思わない方が良いです。 ソーシャルメディアとブログの良いところを合わせたような新しいメディアであり、書き手と読者とのレスポンスで成り立つメディアです。 移行を検討するなら、まず Medium を使っていろんな文章を読んである程度理解してからになるでしょう。 今後、解決していくと思うのですが、いまのところ移行作業は複雑で簡単にはできません。 でも WordPress を運営できているのであれば大丈夫だと思います。 簡単に始めたければ、今の WordPress ブログは残しておいたまま、新しいドメインまたはサブドメインで Medium パブリケーションを運営する事も検討を。 とりあえず、Medium の紹介でした。]]>

Pinterest をブログに埋め込み。幅600pxサイズも可能になった!

Pinterest の写真をブログに貼り付ける。大きいサイズ(幅600px)の写真も貼ることができるようになったよ!さっそくその方法を解説。

ソーシャルメディア、SNSで投稿した写真や動画をブログに貼り付けたい。そういうことはよくある。Pinterest にもそういう機能があるにはある。 こんな風にブログに簡単に Pinterest の写真を貼り付けることができるのだ。 方法は1行のタグを書くだけ。

<a data-pin-do="embedPin" href="http://jp.pinterest.com/pin/74098356345423037/"></a>

このタグは、Pinterest ウィジェットビルダー というツールを使うと簡単に作ることができる。 スマホで見る場合にはこれで何も問題ない。パソコンやタブレットで見た時にはどうだろうか。少し写真が小さい気がする。もう少し大きく見せたいがサイズ指定ができないのだ。 もともと Pinterest はサイズ指定したブログへの埋め込みが可能だった。しかし時代が早すぎたのか他人の写真をブログに貼り付けるという行為が強く批判されてしまった。 引用と盗用の線引きは難しい。 一般的に引用というのは以下の条件が必要である。
  • 引用する必然性がある
  • 本文が主、引用が従の関係である
  • 引用部を明確にする
  • 引用元を明示する
下の2つは Pinterest 側で対応可能であり問題はなかった。上の2つは引用する側の問題である。しかし、対応を迫られた Pinterest 側は著作権者に配慮すべく小さいサイズの固定ウィジェットを提供することになったのだ。 当時からブログに埋め込むことが良く行われていた YouTube はどうだろう。あまり問題になっていなかったように思うが、やはり YouTubu を貼り付けるだけの記事を作れば主従関係に問題が起こる。引用ではなく盗用ということになる。それは今も同じ。気をつけなければならない。 それから数年が経ち、インスタグラムという画像SNSが流行始めた。10代の女性の間では Facebook の利用者を上回るというデータも出はじめている。Facebook のオジサン現象が進んでいる。それくらいインスタグラムへ女性ユーザーが流れてきているのだ。  インスタグラム利用は10~20代女性で3割超え。10代女性はFacebookの26%を上回る そのインスタグラム。ブログに貼り付けるのは簡単である。但し普通に貼り付けると幅が658ピクセルになる。これをパソコンで見た時は大きすぎると感じるだろう。そこでサイズを指定してインスタグラムの写真をブログに埋め込む方法を書いた。  instagramブログ埋め込み。サイズ指定貼り付け方法! 但し非公式な方法なのでいずれ問題が起こる可能性もある。 さて時代が追いつき、ほとぼりが冷めたようで Pinterest もインスタグラムと同じように大きめの写真をブログに埋め込むことが可能になった。 但し固定サイズ。幅は600ピクセルだ。レスポンシブ(サイズ可変)なのでスマホの画面でも問題ない。 以前のような小さいサイズ(幅237ピクセル)と中間サイズ(幅345ピクセル)も可能である。 埋め込み写真サイズが3種類あるというのはブログ運営者にとってはありがたい。 埋め込みタグを簡単につくりたいが、先程紹介した Pinterest ウィジェットビルダー はまだ対応していないようだ。 どこにあるかというとデベロッパーツールのウィジェットビルダーにある。  Developers ウィジェットビルダー 便利になったPinterestウィジェットビルダーを使ってブログを書いてみよう! 但し、主と従の関係を間違わないようにご注意を! 今日も元気に楽しく♪ [amazonjs asin=”4798128198″ locale=”JP” title=”Pinterestビジネス講座”] [amazonjs asin=”B011236MGY” locale=”JP” title=”ピンタレスト・マーケティング入門”]

関連記事

[catlist search=”Pinterest” numberposts=5 order=desc]]]>

ハンドメイド販売サイト「minne(ミンネ)」のライバル登場!?アマゾンも手作り雑貨販売。

もはやお小遣い稼ぎレベルの収益をはるかに超えるといわれるハンドメイド販売サイトにあの超巨大ショップアマゾンも参入した。国内のハンドメイド販売サイトや海外で勝ち組となっっていたEtsyもうかうかしてられなくなった。さてどうなる?

もはやお小遣い稼ぎレベルの収益をはるかに超えるといわれるハンドメイド販売サイトにあの超巨大ショップアマゾンも参入した。国内のハンドメイド販売サイトや海外で勝ち組となっっていたEtsyもうかうかしてられなくなった。さてどうなる?
 ハンドメイド販売サイト比較。個人作家の手作り作品が売れる人気マーケットプレイス。

国内のハンドメイド販売サイトも活発に!

手作り雑貨、ハンドメイドの作品を販売するサイト(サービス)が頑張っている。国内では minne(ミンネ) Creematetote(テトテ)iichi(いいち)あたりが有名どころ。中でも GMOペパボ が運営する minne が元気である。
よくわからない人もいるかもしれないので簡単に説明しておこう。
個人作家がハンドメイド商品を作成して、個人が購入する。その仕組みを提供するのが minne などのハンドメイド販売サイト。そこには世界に1つしかないという魅力が存在する。そこでの販売で得られる収益はお小遣いどころのレベルではなさそうなのである。
世の中には手の器用な方がたくさんおられます。わたしは金属工芸という名の付く科で高校3年間学んだ。手先は器用な方である。ハンドメイド雑貨は手が器用なだけで創れるものではないようだ。
同科を卒業した友人たちの中にも手先が器用なのがゴロゴロといる。その中にハンドメイド雑貨を造るメンツもいるようだ。見せて頂いたことがあるが、さすがにスゴ技。素敵な作品を造る。
天性のもの。そして積み重ねによるものだろう。
PTA という学校と保護者と子どもと地域の連絡網的な組織がある。わたしも少し関わらせていただいた。というか今も関わっている。小学校のPTA会長という役も経験させていただいた。
その中で保護者の方たちとのつながりも生まれる。世のお母さんたちの才能といったら凄い。段取り力、処理能力、組織力。いろんな面で男は勝てないぞ!と感心の日々である。そして手先も器用なのである。
この潜在的なパワーを活かしきれていない事はこの小さな国にとって大きなマイナスなのである。突然「国」なんて大きな事を書いたが本当にもったいない話なのだ。
そのお母さんたちが活躍するスタートの場所として注目しているのがハンドメイド雑貨販売というビジネス。海外では既にとても大きな市場規模に育っている。Etsy というハンドメイド販売サイトは有名。市場は世界。規模が大きいのも当然です。
売るのも買うのもその多くが個人。ジャンルは幅広くなんでもありの世界だ。その Etsy だが長い間「日本語版は準備中」と書かれたままだ。日本語化は既に進められている。日本円での売り買いも可能だ。しかし日本語版というところまでは至っていない。
Etsy の日本語版が完成すると先に紹介した国内のハンドメイド販売サイトは大きな打撃を受けてしまう。それほど Etsy は成長しているはずである。ハンドメイド販売はまだ日本人に馴染まない。そう判断してのことなのだろうか。

Amazon もハンドメイド雑貨販売スタート

そうしているうちに 超巨大ショッピングサイトの Amazon がハンドメイド販売のサービスを開始するという。
 アマゾン、ハンドメイド製品のマーケットプレイスを開設–Etsyに対抗 – CNET Japan
開始すると書いたが、米国時間8日、既に始まっている。

 Amazon.com: Handmade Products
アマゾンハンドメイドも日本語版はまだではある。Etsy と Amazon Handmade どちらが先に日本語版をスタートさせるのだろうか注目している。どちらが有利なのか。既に日本の会員数を充分確保している Amazon Handmade が有利なのは間違いないだろう。Etsy が先に日本語版をスタートさせたとしても、そこから日本の会員を獲得していく必要があるからだ。
なんでも飲み込んでしまう Amazon。一般の会員に加えて特別であるAmazonプライム会員を増やそうと特別なサービスをどんどん投入している。
先日も定額動画配信サービスのAmazonプライム・ビデオAmazonパントリーというプライム会員向けサービスを始めたところだ。
考えてみると、電子書籍出版サービスもハンドメイド販売と同じようなものだ。一般書籍とハンドメイド的な電子書籍が混在しているのだ。Amazon にしてみるとハンドメイド雑貨販売も同じことなのだろう。
まだ英語だが、ハンドメイド作家さんたちは研究を始めておいたほうが良いかもしれない。出店料的なものは課されるかもしれない。

ブログ作成。無料ブログをはじめる前に。

ブログを始めたい。作りたい。それはなぜでしょうか?ブログを運営する目的は「思考を蓄積してアウトプットすることにより、交友関係が構築されて人脈が広がり、実利実益に結びつくこと」と言えます。実利実益とは金銭的なものに限定される訳ではなく、夢が叶うとか理想が現実になるといったこともあります。ブログを始める前に知っておきたいこと「ブログシステムの仕組み」「記事を書く仕組み」「情報拡散の仕組み」についてまとめてみました。

思考を蓄積してアウトプットすることにより、交友関係が構築されて人脈が広がり、実利実益に結びつくこと」と言えます。実利実益とは金銭的なものに限定される訳ではなく、夢が叶うとか理想が現実になるといったこともあります。

ブログをおすすめする理由!

ブログを始める前に知っておきたいこと「ブログシステムの仕組み」「記事を書く仕組み」「情報拡散の仕組み」についてまとめてみました。長文ですがお時間のあるときにどうぞ。

ブログとは?

ブログ(BLOG)は、ウェブ上のログを意味するウェブログ(Weblog)を略した言葉。ページ(記事)に時系列があり逐次更新されていきます。

3つの仕組みを作りあげよう

ブログを始める場合3つの仕組みが必要になります。
  • ブログシステムの仕組み
  • 記事を書く仕組み
  • 情報を拡散する仕組み
変化への対応 刻一刻と変わっていくインターネット技術。その変化の早さに対応できるかどうかはとても重要です。ブログシステムの仕組み記事を書くための仕組み拡散するための仕組み。時代の動きを敏感に捉えて遅れずについて行くことができなければいけません。 規模の大きな仕組みは変化に弱い。小さなことの積み重ねが大切です。はじめから時間や資金を投資して完璧なブログを作ってからと考えるのは大きなリスクがありおすすめできません。

ブログシステムの仕組み

ブログは日々更新して新鮮な情報を読者に提供していきます。HTMLといったプログラムコードでいちいち記事を書いていては作業が捗りません。文章を書くことに専念できる仕組みを作っておくことが必要です。そのためのシステムとして、WordPress や MovableType など CMS といわれるソフトをおすすめしています。アメブロやライブドアブログ、はてなブログなどブログサービスを利用することもできます。 当ブログ「自分メディアの育て方」は、WordPress を利用しています。 と簡単に書いてしまいましたが、もう少し具体的に書くと独自ドメインを取得してレンタルサーバーと契約後、WordPressをインストール、テンプレートをカスタマイズして記事を書いていく。 という作業をしています。 書き始めるまでにこれだけのややこしい作業が必要になります。もうこのページを閉じてしまいたいと思う人もいるかもしれません。でも少しだけ辛抱してお付き合いください。
  1. 独自ドメインの取得
  2. レンタルサーバー契約
  3. WordPressインストール
  4. テンプレートカスタマイズ
確かに聞き慣れない用語や仕組みです。ただ、これらはブログのスタート時のみの作業です。たとえば当ブログと同様のブログを作る場合、3時間もあればブログを書き始めるところまでできてしまいます。 その程度のものと理解していただけるとよいでしょう。 わたしが不定期で開催しているWordPressブログ運営勉強会では実際に2時間以内で書き始めることができる状態までになり、今では素晴らしいブログに成長しはじめています。
「どうしても独自ドメインのブログをWordPressで運営したい」
そういう熱意のある人であれば勉強会をやりましょう。本気の方はお声かけください。 WordPress勉強会ではありません。WordPressブログ運営の勉強会です。格好いいテーマの作り方とかプラグインの作り方とかプログラム的な事はさっぱりわかりません。大事なところはそこじゃないです! 格好いいテーマの作り方よりも、シンプルで人間も機械も理解しやすくて使いやすいテーマの選び方が大切です。1からテーマを作っている時間があるなら記事を書くべきです。その使いやすいテーマをよりよくカスタマイズする方法を知っていることは有利になります。そこを学びましょう!プラグインも同様です。 「WordPressの使い方」のカテゴリーでは、ブログ運営で最低限必要となるWordPressの話を書いていきます。おそらく、WordPress の導入から記事を書き始めるまでが大変なのです。そこを中心に書いて行きます。 ここまで読んでみて WordPress は大変そうだ!書くことに集中したい!そんなあなたにはブログサービスという選択肢を忘れてはいけません。ブログはWordPressでなければいけないということはないのです。 最近は「誰が書いているのか」という部分が重要になってきているためオリジナルな独自ドメインの重要性も高まってきていると感じます。そのためか独自ドメインを設定できるオプションを搭載したブログサービスも増えてきています。  無料ブログで独自ドメイン。無料で設定できるサービス一覧 2016年版  有料で独自ドメイン設定できるブログサービス一覧 2016年版 そもそも独自ドメインを取得することでどうなるの?というあなたは  独自ドメイン取得のメリット、デメリット という記事を書きましたので参考にどうぞ。 [st_af id=”26880″] 独自ドメインブログをブログサービスで運営する場合のデメリットについて少し書いておきます。
ブログサービスのデメリット
過去にはいろいろ不安な部分も多かったけれど利用者の増加や技術の進歩とともにデメリットを見つけるのは難しくなってきました。思い当たるデメリットというと規約に縛られること。これは大きなデメリットです。 ライブドアブログ、はてなブログは安心できるブログサービスといえます。但し「利用規約に縛られる」ということを忘れてはいけません。規約変更がどんなデメリットを生み出すのか想像すらできません。これは重大なデメリットです。  利用規約 – ライブドア 例えばライブドアブログの利用規約。「データの利用」のところは注意深く読んでおくべき内容です。ライブドアブログ側は、利用者が掲載した映像・音声・文章・写真など一切のデータを無期限かつ無償で非独占的に利用することさえできてしまいます。 はてなブログのように利用の範囲を定義してくれていると少しは安心できます。 ハンドメイド作品や料理写真、写真家さんの作品など著作権にシビアなブログを運営しようという場合、ブログサービスを選ぶことのリスクは大きいということです。これはライブドアブログに限ったことではなく同様の規約がほとんどのブログサービスに書かれているはずです。よく確認してから利用するようにしてください。 もうひとつのデメリットは、テーマ(テンプレート)カスタマイズの自由度が低い点です。これはブログサービスにより様々ですがWordPressと比較すると自由度が低いと言えるでしょう。タイトルタグ、ヘッドラインタグなどカスタマイズできない場合、検索上位表示に不利になることもあります。 CSSだけカスタマイズできるのか、HTMLもカスタマイズすることが可能なのか、利用するブログサービスを確認してみるとよいでしょう。そもそも「CSS、HTMLって何?触ることできません!」というひとにとって、テーマ(テンプレート)カスタマイズが制限されるのは、デメリットというよりもメリットと感じるかもしれません。 ブログサービスでカスタマイズするのであれば、はじめからWordPressでブログ運営していた方が良いでしょう。 制限が少ないWordPressテーマであればカスタマイズも簡単です。逆にブログサービスのテンプレートは複雑すぎて触ることが難しいです。
ブログサービスのメリット
  • システムの維持管理を気にせず書くことに専念できること
  • アクセスが増えた時にシステムダウンする心配をしなくて済むこと
このメリットは大きいですよ!システムに詳しくない、考えたくないというあなたならブログサービスを選択することになるでしょう。ただし、システムダウンするほどのアクセスなんてそうそうあるものではありません。ブログがそこまで成長してから考えれば良いことです。

記事を書く仕組み

ブログを運営する上で最も難しいことが「書き続けること」です。ブログの読者は新鮮な情報を求めています。更新されなくなったブログを読みたいとは思いません。Google などの検索システムは、読みたいと思われることが無くなったブログを検索結果から除くよう努力を重ねています。読者としてはありがたいことですが、ブログ運営者からすると大変です。 逆に言うと、読みたいと思われる記事を書き続ければ、いつでも見込み客と出会いの機会が生まれるわけです。書き続けるために何をすれば良いのか。あなたなりの方法を見つけて仕組み化しておくことが必要です。  ブログを書き続けるための思考法
ブログの更新が止まってしまう要因
ブログ運営に慣れてきて順調に書き続けていても突然書けなくなることがあります。考えられる要因をあげてみました。
  • 身辺に事件が起こった!もうブログに集中できない…
  • 更新してもしなくても人生に変化は起きないと悟ってモチベーション急降下
  • そもそも記事に書くネタがない人生を歩いている
身辺に事件が起こった!もうブログに集中できない…
他人から見れば些細なことでも当人からすると重大な事件。そんなことが日々起こっていませんか?ブログに集中できなくなるなんて日常茶飯事です。「今日は書かなくていいかな?」が3日も続くと再開するためにかなりのパワーを要します。毎日書く必要はありませんが、書かない日が続いた時に再開できる得意なテーマを持っておくと良いです。軽めのテーマをおすすめします。 わたしは、家庭料理、京都、写真、ベランダ菜園など気楽に何も考えないで書ける得意なジャンルのネタを持っています。得意なネタでアクセス数も気にしない書きたい記事を書くことでまた書き続ける事ができるようになるので不思議です。
更新してもしなくても人生に変化は起きないと悟ってモチベーション急降下
ブログを書き続けているとしだいにページビューも増えてきます。初めの頃は1日に10ページとか20ページあれば良い方かもしれません。3ヶ月も書き続けていると徐々に増えてきます。1日500ページビューくらいになってくると、なんとなく何を書けば良いのか気づき始めます。そうなるまで堪え忍んで書き続けてみましょう。 3ヶ月、半年、書き続けてるのにページビューがいっこうに増える気配がない!?という場合は、何か間違っています。ブログシステムの仕組みの問題なのか、記事を書く仕組みの問題なのか、情報拡散の仕組みに問題があるのか。再確認すべきです。 Google サーチコンソールというサービスが手助けしてくれます。設置も簡単なのでブログ開設当初から導入しておきましょう。ページビューのためにブログを運営するわけではありませんが、ページビューブログ継続のモチベーションを維持する重要なものです。 「見られていない方が頑張ることができる」という人は少ないでしょう。「見られている」ということは期待されているということです。期待に応えるべく書き続けていきましょう。 ブログを書き続けるためのモチベーション維持におすすめするサービスがもうひとつあります。Googleのアドセンスというサービスです。広告の1種です。書いた記事にバナー広告を貼り付けて広告収入を得ることができます。記事を書けば書くほど収入を得ることができるとなればモチベーションも上がってくることでしょう。但し、簡単に大儲けできるというわけではありません。モチベーション維持を目的に気楽にどうぞ。 わたしもはじめは独自ドメイン費用・レンタルサーバー代回収程度の気持ちでアドセンスを貼りましたがあっという間に超えてしまいました。毎月の書籍代程度であれば稼ぐのも難しくは無いですが、広告収入が目的になると記事がつまらなくなる人もいますのでご注意を。
そもそも記事に書くネタがない人生を歩いている
そんな平凡な人生こそが面白い。あなたにとっては日々当たり前すぎてつまらないことかもしれません。でも他人の目からすると突っ込みどころ満載だったりするわけです。書くネタがない人生ですよ。すでに面白いじゃないですか。 でも本当はネタがないわけではないのです。ネタを忘れてしまってる。ただそれだけなんです。 子どもに日記を書かせてみると「きょうは何もなかった」という答えが返ってくることがありませんか?作文を書く場合も同様に「書くことなんか何もない」と言います。何も無いはずはないんです。ただ記憶の奥にしまい込んでるだけです。ひっぱり出さなければいけません。 あなたの記憶の奥には手に余るほどの宝物が詰まっています。それをどうやって引っ張り出すのか。そこが重要です。 子どもに言います。 「それじゃぁどんなことがあった?、誰に会った?、何を見た?」と。 質問して話すきっかけを作ってみます。 すると、どんどん話が広がっていきます。もう止まることがありません。夢中になって、その日のできごとを話し続けます。記憶の奥から宝物を引っ張り出す作業です。専門用語では「アウトプット」と言います。別に専門用語ではない。 いきなり白い紙に文章を書くなんてこと、天才にしかできません。まずは記憶の引き出しを開けて宝物を引っ張り出す作業をしてみましょう。誰かに話す方法も良いですが、聞く方も大変です。ノートに書く方法もおすすめです。わたしは日記とネタ帳とメモ用紙にアウトプットしています。 わたしは2010年に「ブレインダンプ」という本に出会ってからこの作業を始めました。頭の中にあるものを全部出し切ってしまうことで必ず成果が生まれるという内容です。 「書くことがない人生」と思ってるあなたにおすすめです。きっと書くことだらけであることに気付くことでしょう! 否むしろ「我が人生、書かなければいけない」という使命感が芽生えてくるはずです。 [amazonjs asin=”4492043772″ locale=”JP” title=”ブレインダンプ―必ず成果が出る驚異の思考法”] はじめから記憶の引き出しを整理してネタを収納できると引き出し作業も楽になります。専門用語では「インプット」と言います。
  • マインドマップインプット
  • メモインプット
マインドマップインプット マインドマップをご存じでしょうか?思考をまとめる作業に便利な方法です。マインドマップはアウトプットではないのか?と思うかもしれませんがわたしはインプットツールだと考えています。 本を読みながら、対話をしながら、セミナーを受けながら、記憶の引き出しに整理していく作業。つまりはインプットです。自分自身の思考と対話しながらインプットするのにマインドマップは有効です。 メモインプット あなたの心を動かした物事をメモします。手近にメモ帳、ネタ帳を置いておきましょう。メモ帳は記憶の引き出しに整理する前の外部ボックスです。あなたの心を動かした物事であることが重要です。書きためたメモやネタを見返してみると、どこに心が動いたのかわからないものがあることに気付きます。そのネタはもう使えないネタです。思い切って捨ててしまいましょう。 時間が経っても心を揺さぶるネタ。それはあなただけではなく多くの人の心を動かす可能性を秘めています。それをブログ記事にするのです。あとは書き方を間違えないことと、情報拡散の仕組みがうまくいってくれれば成功です。

情報を拡散する仕組み

誰にも読まれないブログを更新し続けることは苦痛です。ブログを書き始めた頃、誰もが通る道です。有名人でない限り「ブログ始めました!」と宣言するだけで読んでもらえるなんてことはありません。 むかしむかし、読んでもらいたい内容は広告を利用して情報拡散していました。今もやってます!!! 広告デザインというのは、1枚の広告物を見つけてもらうためにアイデアをひねり、気付いて欲しい情報に注目してもらうためにレイアウトやタイポグラフィーを考え、本文を読んでもらうために刺さるコピーライティングを生みだして、やっとこさ「へぇ〜」だの「ほぉ〜」だの共感してもらえるわけです。ただキレイに絵作りしているだけではありません。 ブログも同様です。1つ1つの記事。簡単に「へぇ〜」っと共感してもらえるわけではありません。
広告とブログ記事の異なるところは何でしょうか?
有料か無料かと違いがありそうですが、無料広告もあれば、有料ブログ記事もあります。見つけてもらって、興味をひいて、読んでもらって、共感してもらって、話題にしてもらって…という流れにもほとんど違いはありません。 違いは媒体(メディア)です。 広告の場合、目的と対象(ターゲット)によって媒体(メディア)を選択します。その媒体(メディア)に触れるであろうターゲットを想定して広告を作ります。媒体(メディア)を間違えると投資が無駄になります。浪費です。 ブログの場合、媒体(メディア)はWebメディアと決まっています。選択するのは検索キーワードです。目的と対象(ターゲット)によって検索キーワードを選択します。検索するであろうキーワードを想定してブログ記事を作ります。キーワードの選定を間違えると投資が無駄になります。浪費です。 いずれにしても目的と対象(ターゲット)を決めておくことは重要です。それが定まっていなければ媒体(メディア)もキーワードも選定することができません。 ※ここは情報を拡散する仕組みについての話です。拡散する必要がないのであれば媒体(メディア)とキーワードのミスマッチを気にする必要はありません。気にせず好きなことを書きましょう。
目的と対象読者の選定
目的の選定
  1. 思考の蓄積
  2. 交友関係の構築
  3. 実利実益
3つの目的を書きましたが 思考を蓄積してアウトプットすることにより|交友関係が構築されて人脈が広がり|実利実益に結びつくこと という3つ全てを含めた1つの目的に集約されます。ブログを書くというのはこれらの目的を達成するための投資活動といえます。実利実益というのは金銭的なものに限定されるわけではなく、夢が叶うとか理想が現実になるといったこともあるわけです。 ブログをおすすめする理由です。
対象読者(ブログターゲット)の選定
ブログ記事は、投稿して、見つけてもらって、興味をひいて、読んでもらって、共感してもらって、話題にしてもらう事が必要です。対象読者を設定しておくとそのプロセス設計が可能になります。 この人だったらどうだろう…どうするだろう…こうしたほうがいい…これじゃだめだ…と考えることができるからです。わかりやすいところで言うと、対象読者によって最適な文字の大きさも違ってきます。 誰に向けて、誰のために、そのひとにとってどんな影響があるのか考えて書いた記事を書くことが大切です。 [st-kaiwa4]ブログをおすすめする理由は「思考を蓄積してアウトプットすることにより、交友関係が構築されて人脈が広がり、実利実益に結びつくこと」。ブログが成功するか失敗するかは、書き続けることができるかどうかがポイント。そのためにはブログシステムの仕組み、記事を書く仕組み、情報拡散する仕組み、3つの仕組みをしっかり作っておくことが大切。Web知識があるならWordPressで運用することで試行錯誤ができます。初心者におすすめなのはブログサービス。書くことに集中できるメリットは大きい。[/st-kaiwa4] [st_af id=”26880″]]]>

インスタグラムをWordPressブログに埋め込み、サイズ指定方法!

ブログに貼り付けたインスタグラムの写真が大きすぎる。って思ったことはありませんか?サイズ指定してブログに貼り付ける方法を書きました。

インスタグラムの投稿写真を自分のブログに貼り付ける方法はいろいろあります。

WordPressを使っているならショートコードという便利な機能があり、インスタグラム投稿のURLを記述するだけで埋め込むことができます。
試しに貼り付けてみます。

View this post on Instagram

ドレッシングを作ろう。 . 酢とオイル。 そこに何を加えるかでバリエーションは無限に広がる。 酢の替わりに柑橘系の何かでも良い。 . . . #日記 #写真 #日常 #料理 #ライフスタイル #写真好きな人と繋がりたい #写真日記 #家庭料理 #日常生活 #トマト #サラダ #キッチン #手づくり #ミニトマト #日常風景 #台所 #調理 #オリーブオイル #ボール #酢 #ドレッシング #オイル

ひつじさんさん(@hatamoto_s)がシェアした投稿 –

このブログもWordPressを利用しているので便利なショートコードを使いたいと思うのですが、貼り付けた写真が大きすぎて困ることもあります。上の写真は説明のために貼り付けてるわけです。こんなに大きくなくて良いのです。

写真を見せたい時はそれで良いのですが、小さく貼り付けたい時もあるわけです。キャプションを省きたいこともあるわけです。

 こんな風に小さく控えめに貼り付けしたいわけです。

View this post on Instagram

ひつじさんさん(@hatamoto_s)がシェアした投稿 –

その方法を解説します。

インスタグラムの公式埋め込み機能でサイズ指定

インスタグラム公式の埋め込みコード

公式埋め込み機能を利用します。

 インスタグラムの写真や動画を自分のブログに貼り付ける[公式]方法

まずこの方法でブログに貼り付けます。

キャプションあり

View this post on Instagram

ドレッシングを作ろう。 . 酢とオイル。 そこに何を加えるかでバリエーションは無限に広がる。 酢の替わりに柑橘系の何かでも良い。 . . . #日記 #写真 #日常 #料理 #ライフスタイル #写真好きな人と繋がりたい #写真日記 #家庭料理 #日常生活 #トマト #サラダ #キッチン #手づくり #ミニトマト #日常風景 #台所 #調理 #オリーブオイル #ボール #酢 #ドレッシング #オイル

ひつじさんさん(@hatamoto_s)がシェアした投稿 –

キャプションなし

View this post on Instagram

ひつじさんさん(@hatamoto_s)がシェアした投稿 –

埋め込みコードのサイズ指定

ソースコードの中をみて幅を指定している箇所を見つけ出します。

埋め込みコード

max-width:540px; min-width:326px;

の箇所です。
最大の幅が540px(以前は658pxでした)になっているので、お好みのサイズに変えます。
max-width:320px; min-width:300px; に変えてみました。

View this post on Instagram

ひつじさんさん(@hatamoto_s)がシェアした投稿 –

指定の大きさに貼り付ける事ができます。
非公式な方法なので自己責任でお願いします。