DropBoxファイルリクエストで大容量写真データの安全な送受信方法。

デザインやハンドメイド作品づくりなどクリエイティブなお仕事をしていると、お客様から画像データなど大きな容量のファイルを送って頂く機会があります。この方法であれば相手側の負担を最小限にして安全にファイルを受け取ることができます。

お客様から画像データを送って頂く方法

デザインやハンドメイド作品づくりなどクリエイティブなお仕事をしていると、お客様から画像データなど大きな容量のファイルを送って頂く機会があります。相手側の負担を最小限にして安全にファイルを受け取る方法をご紹介します。

フォトクリエイターの場合、お客様から写真データを送って頂く機会が多くあります。チラシやパンフレットなど販促ツールを制作しているデザイナーさんやポストカードや年賀状の制作をしているクリエイターさんも同様です。

写真・カメラ関係のイベントで、参加者から写真データを募集するような時にも使えそうです。

メール添付の問題点

お客様から画像データを送って頂く方法として1番簡単なのはメールによる添付送信です。但し、画像データのサイズが20MBを超えるような大容量ファイルの場合、メールで送って頂くことは難しくなります。

お客様が利用しているメールサービスのプロバイダーのメール容量上限は20MB程度であることが多いため、それを超えるファイルを添付送信しようとしてもメールサーバー側で拒否してしまうことがあります。

また、企業などで利用されるメールアドレスの場合は、1回の添付サイズを制限している場合もあります。

1番簡単なメールですが容量制限や不達のリスクを考えると、お客様から画像データを送って頂く方法の選択肢としては避ける必要があるでしょう。

USB、SDカードメディアの郵送による受け渡しの問題点

画像データをUSBやSDカードなどのメディアに保存して郵送してもらうという方法もあります。この場合まず、USBやSDカードなどのメディアはお客様に用意してもらうのか? という疑問が出てきます。

また、郵送過程でデータが壊れてしまう可能性も心配です。写真の中には個人情報が含まれている物もあるかもしれません。不達、紛失も怖くなります。取り返しの付かない事が起こらないために、郵送での受け渡しも避けるべきではないでしょうか。

直接持ってきてもらう? 受け取りに行く?

直接持ってきてもらう。あるいは取りに伺う。途中で紛失することもないので安心ですが往復の移動コストが高くなります。ご近所限定のサービスであれば可能ですが、オンラインでの受注の場合、相手側が遠方であることも多く、直接受け渡しするのは無理があります。

オンラインストレージサービスのファイル共有転送機能で解決

そこで今回ご紹介するのがオンラインストレージサービス(クラウドストレージサービスともいう)のファイル共有転送機能です。オンラインストレージサービスとは、インターネット上に自分のファイルを置いておけるサービスです。

他の人と同一のファイルを共同で見たり操作したりするファイル共有機能があります。そして自分のパソコン端末やスマホ端末にファイルを同期したり転送したりする機能を持つサービスもあります。

どの端末からも同じファイルを操作できるのでとても便利です。一般利用で代表的なオンラインストレージサービスには、Dropbox、Evernote、Googleドライブ、Apple iCloud、OneDrive、Amazon Cloud、宅ふぁいる便などがあります。

利用したことがあるサービスはありますか? GoogleドライブはGmailのアカウントがあれば簡単に利用することができるのでオンラインストレージとして使っている人も多いかもしれません。

今回の記事のテーマ(課題)は、「お客様の大切な写真データなどの大容量ファイルを安全に送ってもらい受け取る方法」です。そして相手側がそのサービスに会員登録していなくても使えるやり方です。但し、受け取る側の会員登録は必要です。

Dropbox ファイルリクエストでファイルを送ってもらう方法

利用するオンラインストレージサービスは「Dropbox」です。Dropbox のファイルリクエストという機能を使います。

Dropbox ファイルリクエストは、ファイルを受け取る側のアカウントが必要ですが、送る側のアカウントの有無は問いません。受け取ることができるファイルの容量は、Basicアカウントの場合 2GB までです。超える場合は Pro アカウントや Business アカウントにアップグレードする必要があります。

【要チェック】 この記事の最下部(まとめ)で新規登録で500MB容量を追加できるお得な情報を紹介しています。

通常は 2GB で十分だと思います。もちろんご自身のアカウントの Dropbox 空き容量を超えることはできません。ファイルを送るお客様が受け取る側のパソコン内のフォルダを見ることはできないので安心です。(共有していると見えますので共有フォルダにしないようにご注意)

手順

1:Dropbox のサイトにログインする。
2:Dropbox ホーム画面左のメニューにある「ファイルリクエスト」を開く。

3:ファイルリクエストをクリックする。

4:送ってもらうファイルの内容と保存先フォルダを設定する。

「どのようなファイルをリクエストしますか?」のテキストボックスに内容を記入する。
例えば) □□様の誕生日イベントの写真データ

そして、Dropbox 内でのファイル保存先を選択する。
選択するフォルダは予めパソコンでフォルダを作成しておく。

保存先を選択したら「次に」のボタンをクリックする。

5:ファイルリクエストを送信する。

ファイルリクエスト用のリンクが表示されます。そのリンク先をお客様にお知らせするのですが、下のメールアドレス用テキストエリアに、お客様のメールアドレスを記入して「送信」する方がスマートです。

お客様のメールアドレスを記入するとオプションが開いて、お客様へのメッセージを追加することができます。
「こちらからお客様の誕生日画像データをお送りください」
といった内容のメッセージを追加すると親切です。

送信するとファイルリクエスト画面に戻ります。
お客様からファイルがアップロードされると受け取る側のメールにお知らせが届きます。

ファイルを送ってもらう相手を複数追加することも可能なので大人数でのイベントでも活躍しそうです。その場合は容量制限にお気をつけください。 proアカウントか Business アカウントを持っている人に、とりまとめてもらうと安心です。

ファイルを送るお客様側の作業

ファイルを送信するお客様に送られるメールの内容はこちらです。

追記したメッセージも記載されています。お客様が迷わないようなメッセージを付けておくと良いですね。
お客様には「ファイルをアップロードする」ボタンをクリックして作業を進めて頂きます。

「パソコンから選択」もしくわ、お客様が Dropbox のアカウントを持っている場合は「Dropbox から選択」をクリックして作業を進めます。

送信するファイルを選んで「アップロード」します。

送られてきたファイルの確認

お客様からファイルがアップロードされるとお知らせのメールが届きます。しばらくするとパソコンの指定フォルダの中にお客様からアップロードされたファイルが保存されます。

ファイル名の先頭にお客様のお名前が追記されるので、複数の人からの受け取るファイルでも見分けが付きます。

ブラウザからファイルをみることもできますが注意して欲しいことがあります。

間違って「共有」ボタンをクリックしてしまわないようにお願いします。クリックしただけでは共有されませんが念のため。

Dropbox のセキュリティ

ファイルのやり取りをするので安全性の面で心配されるかもしれません。Dropboxのファイル保存に使用されている暗号化は 256ビットのAES暗号化です。アプリとサーバー間の転送もSSL/TLS を使用データを保護しています。

まとめ

[st-kaiwa1]さて、長くなりましたが知っておくととても便利な機能です。ぜひ使ってみてください。Dropbox の他の機能も使ってみたいと思った人は、ぜひ登録してみてください。お得に登録できるリンクはこちらです。
 Dropbox新規登録
ここから登録すると 500MB のボーナス容量が追加されます。[/st-kaiwa1]

 ゼロからはじめる Dropboxスマートガイド

関連記事

 ブログに貼る写真に撮影データを表示する方法。
 Amazonプライム・フォトはじまる。RAW画像も無制限に保存!
 富士フィルムのフィルムシミュレーション写真をパソコンで創れる編集ソフト。
 iPhone写真一括全部まとめて削除 for Mac。
 デジカメからスマホに写真を転送する方法|富士フィルム専用アプリ。

Amazonプライム・フォトはじまる。RAW画像も無制限に保存!

Amazon プライム会員向けの特典がまたまた追加された。プライム・フォト。撮りためた写真データをバックアップできるサービス。しかも無制限!RAWデータもOK!

RAW画像を扱うプロの写真家さんにも朗報! 撮りためた写真データのバックアップはあるだろうか?気にしていない?それで大丈夫?気をつけている人はパソコンの中だけではなく外付けのバックアップ用ハードディスクなどに保存しているかもしれない。 ハードディスクの寿命は約5年ということをご存じだろうか。実際には5年以上使えているハードディスクもあれば、1〜2年で壊れてしまう経験もある。 最近のパソコンに使われているフラッシュメモリの寿命は約10年だそうだが、写真データが増え続けていくとずっとパソコンの中に置いておくというわけにいかなくなる。 カメラを持つ人が増え、プロ並みにRAW画像を編集する人も増えているのではないだろうか。RAW画像は一般的なJPG画像の5〜10倍のデータサイズになる。 RAW画像は写真フィルムと同様にとても大切なデータだ。RAW画像から書き出したJPG画像は無くしてしまっても再び再現することができるが、RAW画像は失うと再現不可能なものだ。これもフィルムとプリントの関係に似ている。 RAW画像1枚が40MBとすると、100枚で4GB。1000枚で40GB。5000枚で200GBということになる。5年でRAW画像がどれくらいの枚数になるかは人それぞれであるが、それを管理しバックアップするのは簡単ではない。

クラウド型のストレージサービスが増えている。

Googleフォトもその1つ。容量無制限で写真データを何枚でも保存しておくことができる。但し、JPG形式の画像がさらに圧縮されたり、1600万画素以内にリサイズされてしまう。保存されたファイルは元の写真データと同じではないのだ。 バックアップというよりももしものための仮置き場的なサービスといえる。

RAW画像も無制限で保存可能なプライム・フォト

2016年1月21日。Amazon が新たに投入したサービスは「プライム・フォト」。サービス名に「プライム」という文字が入っているということは当然プライム会員向けのサービスである。 Amazon プライム・フォト 引用:Amazon プライム・フォト 先に登場しているGoogleフォトに対抗するサービスだ。後発なら先に出たGoogleフォトより優位な点がなければ魅力を感じないだろう。 その魅力の1つが「RAW画像」の無制限保存である。 また、他の形式の画像も Googleフォトのように圧縮やリサイズされることなく何枚でも無制限に保存することが可能になっている。 容量無制限でアップロードできる形式は JPEG / BMP / PNG / TIFF / RAW / DNG 。DNGとはアドビが開発した形式。気をつけたいのはRAW形式が主要メーカーのみ対応となっていること。

Cloud Driveに対応しているRAWファイル

  • Nikon(NEFファイル) : Nikon D1、Nikon D1X、Nikon D4、Nikon Coolpix A、Nikon E5700、Nikon AW1、Nikon D800、Nikon D50、Nikon D610
  • Canon (CR2ファイル): Canon 5D、Canon 1D、Canon 1D MarkIIN、Canon Rebel SL1、Canon 60D、Canon 5D MarkIII、Canon 1D MarkIV
  • Sony (ARWファイル) : Sony A7、Sony A7R、 Sony A6000、 Sony NEX-5T、Sony NEX-3N、Sony NEX-6
富士フィルムのXシリーズが入っていないのが残念。アップロードすることは可能であるが画像として表示されない。Adobe LightroomでDNG形式でコピーすることは可能だがそれはやりたくない。対応を待つしかない。

カメラが当たるキャンペーン実施中!(2016年2月14日まで)

  キャンペーン期間中にプライム・フォトを利用し、キャンペーンページから応募された方から抽選で40名様にカメラ商品プレゼント。また150名様に Amazon.co.jp:カメラストア全品でご利用可能な最大10万円分のクーポンプレゼント。 1日1枚以上のアップロードで1エントリーなので毎日アップロードすればエントリー数が増えて当選の確率もあがる。 参加するにはまず「Amazon Photos」のアプリをダウンロードし、Amazonアカウントでプライム・フォトにサインイン。そのまま写真をアップロードする。 注意事項を確認して「キャンペーン応募ページ」の送信ボタンをクリックすると応募完了。  プライム・フォト キャンペーン応募ページ

Amazonプライム 無料体験もあり

Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で様々な特典を利用できる会員制プログラム。プライム会員の特典についてはこちらに書いたので参考に。 https://hatamoto.biz/amazon-prime-merit/ まだプライム会員で無い方は Amazon プライム 無料体験でお試ししてみるとよい。ただし、無料体験は解約の手続きをしなければ自動的に継続され請求されるのでご注意願いたい。  Amazon プライム 無料体験]]>

iPhone写真一括全部まとめて削除 for Mac。

iPhone で写真を撮り続けているとデータ容量が増えて空きが足らなくなってくることがありませんか? Mac のプレビューというソフトを使うと簡単に一括取り込み、一括削除ができます。

iPhone で写真を撮り続けているとデータ容量が増えて空きが足らなくなってくることがありませんか?
特に、最近は Instagram や Vine などの動画や写真共有アプリを使うことも増えているようです。

iPhone のカメラロールの写真をパソコンに取り込んだり、削除したりする作業を iPhone だけでやろうとすると大変です。
パソコンで一括取り込み、一括削除できると良いですよね!

Mac のプレビューというソフトを使うと簡単に一括取り込み、一括削除ができます。

プレビュー

プレビューで iPhone の写真を管理(読み込む、削除する)

iPhone の写真一覧をプレビューで見る

プレビューを起動して、メニューの「ファイル」>「カメラから読み込む」>
で接続する iPhone の名前を選ぶと写真のリストが表示されます。

カメラプレビュー

iPhone の写真を一括で読み込む

読み込む写真を選択して、「読み込む」ボタンをクリックする。

写真読み込む

写真の保存先を指定する。

書き出し先

これで、iPhone の写真がパソコンに転送されました。

iPhone の写真を一括で削除

次に、一括削除の方法です。
先程と同じように、プレビューに表示された iPhone の写真一覧から削除したい写真を選択します。

左下に削除ボタンがあるのでクリックする。

削除選択

「この操作は取り消せません」という注意を促すダイヤログが出ます。
本当に削除しても良ければ「削除」ボタンをクリックする。

削除注意

これで、iPhone の写真を一括削除することができます。

ありがとうございます♪

[st-no-amp]

[/st-no-amp]

フォトブックアプリBaby365で子どもの成長記録を残す。

子どもの写真、最近はほとんどスマホで撮ってますよね?でも写真の整理する時間ってあんまりないんですよね。結局、撮りっぱなしになってしまいませんか?子どもはあっという間に大きくなります。特に小さい頃は1日1日別人のような成長ぶりを見せてくれたりします。ぜひ成長記録を残して欲しいなと思います。

これぜったいオススメです。やったほうがいい。 子どもの写真、最近はほとんどスマホで撮ってますよね?でも写真の整理する時間ってあんまりないんですよね。結局、撮りっぱなしになってしまう。スマホを無くしてしまったら大変です。たくさんの思い出や子どもの成長記録が消えてしまいます。 で、何をオススメしているかといいますと。

Baby365

Baby365 icon-link Baby365|フォトアプリ:赤ちゃんとの日々は、毎日がたからもの

編集も整理も不要

1日1枚、写真を撮ってコメントを付ける。それだけで成長記録の本ができてしまうアプリなんです。写真の編集も不要、整理しなくてもOK。忙しい毎日でもこれならできそうですよね。 編集は簡単

Facebook や Instagram に子どもの写真は危険?

普段から Facebook や Instagram を使ってるなら問題なく使えそうです。Facebook や Instagram など公開(限定公開含む)で赤ちゃんや子どもの写真を投稿するのって抵抗がありませんか? Baby365 は公開するのではなく紙の製本なので安心。 生まれる前の妊婦さんからはじめて10年くらい続けると10冊以上の他にはない成長記録本ができる。なんだか素敵じゃないですか? 成長記録を本にする 但し、価格がちょっと高め15,000円からの設定。印刷の質や製本が不明な状況では不安です。そのあたりがどうにかクリアになると良いのですけどね。

写真編集・写真整理する余裕があれば

お値段が気になる方は、他のフォトブックサービスを利用する方法もあります。 TOLOT なら1冊500円(送料無料)からです。ノハナならば毎月1冊は無料(要送料)になってます。 写真の質が気になるならば、富士フィルムのマイフォトボックス、アスカネットのマイブック、コンテンツワークスの photoback あたりが良いかと思います。 子どもはあっという間に大きくなります。特に小さい頃は1日1日別人のような成長ぶりを見せてくれたりします。ぜひ成長記録を残して欲しいなと思います。大切な宝物になるでしょう。 今日も元気に楽しく♪

フォトブック関連記事

[catlist search=”フォトブック” numberposts=5 order=desc]]]>